週刊アーバンVol.003

遅ればせながら本年もjoyousjazzをよろしくお願い致します。

JOYOUS JAZZはDJセレクトの音楽番組ですが、
実は何度かラジオ番組のなかで僕がトークしたことがありまして
しかもノースウェーブの公開生放送で!
僕は自分のイベント明けの日で、寝不足で呂律が回らなくて(笑)
しゃべってる内容があまりにもわかりにくく。。。
DJナオミさんがわざわざ僕の話を復唱して
リスナーの皆様にわかるように話されたことをふと思い出しました。

最近、【喫茶アーバンとは】というどういうことと、質問を受けることがあります。

いい機会なので簡単に説明します。

70年代末から90年代初頭にかけての
人物・音楽・建築・食、アート、ファッション全てのカルチャーがアーバンなんです。
2010年以降の現代にも、その時代のオマージュだったり、当時の感覚に刺激されたリアルタイムではない世代の解釈も、当然アーバンです。
当時は近未来だったり、最先端だったものを現代の感覚でミックスする。
でもその中に、トゥーマッチなモノって当然ありますよね?

その部分にかかるような曲をあえて冒険的セレクトしてコアな人と楽しんだり
季節やその時の雰囲気に合わせたアーバンな曲を、僕やゲストDJが凝縮させて、他愛のない会話や
空気感のなかでアーバンな選曲で拡散させていく。
その空間が「喫茶アーバン」です。

本年が厄年のFATMASAがお伝えさせていただいております。

【目次】
1. 前回のJOYOUS JAZZ選曲内容について
2.今週のおすすめ曲
3.FAT MASAの思い出食堂
4.次回JOYOUS JAZZ 収録前の気分
5.イベント告知

【前回の1/7JJOYOUS JAZZ選曲内容について】

和ジャズ中心のセレクトでした
新春和ジャズ特集のときじゃないと正月っぽいしょう邦楽要素が多いモノをセレクトする機会が少ないので
お正月の松の内にやるのが吉と言うことで毎年僕がやってます

普段以上に純邦楽的セレクトで、尺八や琴、鼓を使用した作品を中心に、毎年決まったアーティスト(白木秀雄、祭りの幻想など)になりますが
彼らをメインとして、今年は櫻井哲夫、カシオペア(フュージョン)で和楽器をフューチャーしている曲があって
それをキーセレクトとしてまとめてみました。
その中でも注目すべき、ミッキー吉野の
「海、釧路へ」
サントラだけど、当時の釧路を、北海道の太平洋側にある港湾を回想させるいい感じの曲です。
そんな感じです。

【2.今週のおすすめ曲】
櫻井哲夫「DEWDROPS
KIMONO

 

【3.FAT MASAの思い出食堂】
イッケンヤカレーコミン
http://bit.ly/2lhHeat

喫茶アーバン開催の為に、無理言って定休日の日曜に開けて頂いている、イッケンヤカレーコミンさん
一軒家を個性的に、かわいらしくも店主ヤリタさんの素晴らしい空間処理、自ら改装しています。
メインのカレーはパキスタンカレー風で、本場のパキスタンカレーよりも
女性やお子様まで食べやすくて、オイル少なめでゴボウや生姜が加わりライトな味わいだけど、
本格的なカレーを楽しめるところが大好きで、毎週通ってます(笑)。
喫茶だけを見ても十分に楽しめるところがお気に入り。
珈琲は網走のハゼヤさんの珈琲を使ったり
自家製ソフトドリンク、ゆずソーダや、生姜ホットジンジャーとか
色々楽しめるのがいいですね!
奇数月、隔月開催の喫茶アーバンにあわせて遊びに来てくれるとうれしいです(笑)!

【イベント告知】
喫茶アーバン
3/12(日)PM3時開店
詳細決まり次第、告知します。